GSX-R イグニッションコイルの交換

GK71B  欠陥品の純正イグニッションコイルCB750用に交換

GK71B型によくある症状らしいのですが、エンジンが暖まると止まってしまう、という症状が自分のバイクにも発生してました。

 

これは、プラグに火花を作らせる、イグニッションコイルが、gk71b  標準品が設計が悪いのか熱にとても弱く、さらについてる場所が、エンジンの真上ということで、すこしエンジンが暖まると火花が作れなくなり、止まる、というものです。

 

ネットで調べてみるとホンダCB750 RC42のコイルに交換するのが定番のようなので早速ヤフオクで注文して交換です。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20170421104959p:image

調べた結果

イグニッションコイルはタンクの下にある。

・純正の配線を平型に加工

・で、だいたいポン付け可能

 

簡単そうだが、

タンクの外し方すら知らない自分。

 

見様見真似で適当に外したらガソリンホースが引っこ抜けてガソリンを2リットルほどブチまけてしまいました。大変危険。

 

その後学習して(正しいか分かりませんが)

・コックをオフ。

・コックの固定を外す。

・タンクを外す。少しだけ持ち上げて、

・コックから車体に繋がってるホースをはずす。

・残量計の配線を外す。

・タンクをコックごと外す

 

これでガソリンを撒かずにタンクを外せました。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20170421105931j:image

 これがタンクの裏。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20170421153111j:image

これが問題のイグニッションコイル

 

新しくコイルは端子形状と、取り付け部分の形が違う為、

車体側を平型端子に付け替える

純正のネジ類で後ろだけ固定

 

で取り付けしました。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20170421153142j:image

左側が、1番4番

 

f:id:toshihiro_suzuki:20170421153216j:image

右側が2番3番

 

プラグコードはそのまますんなり付きましたー。

 

無事始動!これでとりあえず交差点で止まる心配はなくなった!