GSX-R GK71B しばらくお別れ

約3年前に購入したGSX-R GK71B。

訳あって以前の愛車CB400fourがまた戻って来ることになったため、置く場所がなくなり、旅立つ事になった。といっても、手放すのは悲しくて貸しておくだけなんだけど。

 

行先は、栃木の友人のところ。

彼は元々VFRで峠を攻めていた走り屋で、

車も大好きな趣味人。大事にしてくれるだろう。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20200316220648j:image

 

宇都宮の会社の拠点に、群馬からCB400fourを届けてもらい、その拠点で働く友人にGSX-Rを引き渡した。

 

帰りは、もうGSX-Rじゃない。

また乗る日がくるのか?よくわからないが、しばしのお別れだ。購入時9000kmくらいだった走行距離は11000kmに。ほとんど乗ってないと思ってたが2000kmくらいは走ったんだな。

 

手で持ち上がる軽いGSX-R

音がうるさくてカッコいいGSX-R

燃費がとても良いGSX-R

ばかっ速いGSX-R

壊れても必ず甦る不死鳥なGSX-R

でも沢山の修理をしたGSX-R

 

楽しくスリリングなバイクライフと、

自分をバイクに詳しくしてくれてありがとう!

f:id:toshihiro_suzuki:20200316221247j:image

GSX-R GK 71B 久しぶりの長距離を走る

久しぶりに高速道路を走行

いつも修理中のGSX-Rだが、ここ最近は奇跡的に故障が無く、というか故障も出尽くしたのかもしれないが、とにかく普通に動く。

 

先日、今年初のエンジン始動をしたので、今回は一発で始動。全て安定している。

 

今回は訳あって宇都宮まで約100kmの高速ツーリングを敢行した。

 

東北道の岩槻ICより北関東道の壬生ICを経由して、宇都宮市へ。全てが問題なく普通に走り、普通に到着する事ができた。

f:id:toshihiro_suzuki:20200316215350j:image

 

GSX-R GK 71B 4カ月ぶりの始動も、ほぼ一発

4カ月ぶり。エンジン掛かるか?

冬の間眠りについていたGSX-R。4カ月振りにエンジンを掛けようと思ったら、バッテリーが弱っており充電した。

 

GSX-R GK 71B バッテリーが上がりと充電器 - バイク素人が旧車に乗るとどうなるか?実証 GSX-R GK71Bと身の回りの出来事

 

それから10日以上が過ぎて、やっとバッテリーを取り付ける事ができたので、エンジンを掛けてみた。

 

始動手順

自分のバイクは、まだ完全に掴めていないのだけれど、大体の場合、久しぶりの始動はチョークを引いた方が掛かる。

 

でもチョークを引くと、濃くなった燃料で、プラグがびしょ濡れになり掛からない場合もあり、その辺の具合がよく分からない。

 

また、久しぶりじゃない始動は、チョークを引かない方が調子良くかかる事が多く、ややこしい。

 

不思議な事で説明が付かないけど、外気温というより久しぶりかどうかが大きい気がする。

 

そんな状態なので、まずはチョークを引かない状態でスターターを回してみて、掛からなそうならチョークを引いてスターターを回す。という2段階で始動する事にしている。

 

最初からチョークを引くと、かぶってしまうかもしれない。そうなるとプラグを4本外して乾かす手間が掛かる。(いまや手間とも思わなくなったが)

 

一方、チョークを引かずにスターターを回して掛からなかった場合は特に害が無く、チョークを引けば良いだけ。

 

いざ始動

まずチョークを引かずに始動。スターターは元気に回るも掛かる気配なし。

 

次にチョークを引いて始動。しばらくスターター回すと、1気筒ずつ火が入っていく。最初はブブブ。だんだんブロロを経て、ブォーと4気筒とも無事エンジンが掛かった。

 

4カ月ぶりの割にはスムースな始動だった。

 

試走

そのまま各部のチェックも兼ねて運転してみる。以前からの症状だが、キャブの同調が少し狂っているせいか、低回転でバラツキがあるが、回せば元気。前後のブレーキもよく効く。20分ほど街中を走り回って問題ないことを確認した。

 

しかし、エンジンが掛かるって事だけですげー!よかった!となるこのバイク。楽しすぎるぜ!

 

 

 

 

 

 

 

GSX-R GK 71B オイルを少し補充

久しぶりの始動を前に

4カ月放置して久しぶりにエンジンを掛けようと思ったら、バッテリーが弱ってしまい、充電した。

念のため始動前に各部のチェック。オイルが僅かに減ったような気がするので、少しだけ補充した。

f:id:toshihiro_suzuki:20200214215718j:image

愛用格安オイルはやっぱりアレ

オイルは格安オイルの代名詞、エーゼットの10W-40をずっと使っている。

 

このオイル、安い以外にも意外なポイントが。ボトルに付ける細い注ぎ口が付属しているのだ。缶タイプだと、注ぎ口にベロみたいなのが付いているが、アレで車体に入れてこぼさなかった事は1度たりともない。ところが、この付属注ぎ口はやり方次第ではこぼさずに注ぐことが可能。意外な便利さである。

 

ただし自分の場合は賃貸の駐車場に、一滴のオイルをこぼすことも許さないので、さらにオイルジョッキを使用して万全の体制としている。

 

 

さてこのオイル、ほとんどエンジンをかけることのない自分が批評してみたところで、何の意味もないが、性能的な問題は全くない。乗らないのだから当たり前だが。

 

ただ古いバイクでもあり、例えば下手なオイルだとギアの入り方に問題が出たり、放熱が悪いエンジンなので劣化が早かったりする危険性もあると思うのだが、このオイルにはまったくそういった兆候はなく、いつも安定して普通に使える。自分には性能を引き出すことは出来ないが、多分良いオイルなんだと思う。

 

これからもこのオイルを使うだろう。

 

 

GSX-R GK 71B ボロボロのタンクに色を塗る

タンクがボロすぎ

タンクの塗装が剥がれてきて、みっともない状態を放置していた。

内部も結構錆びてるので、交換用の綺麗なタンクを購入してあるのだが、色が違うので塗り替えなくてはならない。

 

GSX-R GK71B ガソリンタンクを購入 - バイク素人が旧車に乗るとどうなるか?実証 GSX-R GK71Bと身の回りの出来事

 

■状態

f:id:toshihiro_suzuki:20200214090244j:image

上面のクリア層が剥がれたのか?全体が白っぽく汚い。

 

塗ってみるか。

 

■塗装準備

まず、ワイヤーブラシで浮いた古いクリア層を剥がし、ちょうど手元にあった#300の耐水ペーパーで磨く。

f:id:toshihiro_suzuki:20200214090412j:image

 

そのあと、これまたたまたまあった#600でさらに磨く。凸凹はあるけど気にしない。綺麗に洗って、脱脂したらこれで下地は終わり。サフェーサーとかも無し^_^

 

f:id:toshihiro_suzuki:20200214090659j:image

赤い下地が出てきた。真っ赤な塗装の上に、黒を乗せて作ってあるようだ。

 

■塗装

たまたまそこらに転がっていたスプレーが黒だったのでそれで塗る。なんと耐熱スプレーだが気にしない。

f:id:toshihiro_suzuki:20200214091204j:image

 

乾いたらクリア。

f:id:toshihiro_suzuki:20200214091252j:image

 

うん。遠くから見れば綺麗。

近くでは。。。価値観による。

 

CB400fourの帰還が決定!

■自分のバイク歴のおさらい。

以前の愛車はホンダCB400four(水冷の方)だった。

しかし結婚してだんだんバイクに乗る事も無くなり、マンション住まいで置くところも無く、今は車が小さいので、駐車場の隙間に置けるのだが、当時は車が大きかったのでバイクを置ける隙間などなく、マンションの敷地に勝手に停めていたのだが、そこも停められない状況になりつつある時期で、何となく邪魔になってきたので会社の後輩に売り渡してしまった。

 

 CB400fourお別れの日

f:id:toshihiro_suzuki:20200213105619j:image

 

 

その直後、出張で行った北海道でレンタルバイクに乗り、あまりの爽快さで、バイクの事が頭から離れない状態になってしまった。

 

 レンタルバイクin北海道

f:id:toshihiro_suzuki:20200213105952j:image

 

しばらく悩んだ末、結局やっぱりバイクが欲しい、となり妻に散々謝って購入したのが今のGSX-R

 

という流れ。

 

■CB400fourを買い戻す事に

そのCB400fourの現オーナーが、大型に乗り換える事になり、自分に買い戻しの話が来た。

 

彼はCB400fourをとても大切にして、常に専門店で整備をしていたため、今は売った時より明らかに状態が良い。また、自分が所有していた当時も全く整備などした事もないが、GSX-Rとは異なりエンジンが掛からないとか、どこかが壊れて修理が必要、とかは全くなく、いつでも好きな時に乗ることができた。

 

GSX-Rは、乗ろうと思ったら前日にエンジンが掛かるか?ブレーキはちゃんと効くか?などを調べておかなくてはならず、「よし今日は天気も良いしバイクで行くか?」などはエンジンが掛かるかすら分からず、怖くてできない。またいつ壊れるかも予測不可なので、予定がある日や、誰かと一緒、という時も乗っていけない。その為2連休の2日目で何も予定が無く、万一の故障でもなんとかなる範囲、というかなりの制限付きでのツーリングのみ可能。というありさまで、だんだん乗るのが面倒になり、ほとんど乗らなくなってしまった。

 

そんな訳で、CB400fourを買い戻してそちらに乗る事に決めた。来週の週末にはこちらに届く予定。

 

■GK 71Bをどうするか?

今住んでいる場所は、埼玉とはいえ、首都圏の端くれの駅近マンションであり、車の駐車場すら空きを探そうと思っても数年待ちの状況。近くにバイクを停めらるような場所は有料・無料問わずほぼ無い。

今は、写真の通りに借りている駐車場の隙間に無理やり置いているが、1台置くのがやっとなので、CB400fourが来ればGSX-Rは置く事ができなくなる。

 

これをどうするか?まだ決められてない。

売るか?田舎の実家に移動するか?広い家を持つ友達にしばらく貸しておくか?

 

f:id:toshihiro_suzuki:20200213110905j:image

 

まあどうせ乗れないんだし、手放してしまえば1番良いのは分かってるんだけど、迷う。

 

過去の自分は

・バイクに乗る→まあまあ好き。

・バイクをいじる、整備する→絶対嫌。面倒。

・ブログを書く→興味なし。違う世界。面倒。

という人間性だった。

 

ところがGSX-R に乗った事で、だいぶ変わる事ができた。

届いた初日から壊れて動かなくなるし、バイク屋では見てもらえない、金もない、で自分で治すしかない、という状況に強制的に置かれてしまい、色々な事にチャレンジした。

 

自分でタンクを下ろしたり、頑張らなくては通らない車検を通したり、キャブの整備をするなんて、数年前なら夢にも思わなかった。でもGK 71Bと暮らしていくには当たり前に必要なスキルで自然と出来る様になった。すごい事だ。

 

チャレンジの原動力になったのが、同じバイクで苦労を重ねたネット上の先輩たち。様々なトライ&エラーを繰り返し、得られた結果を公開してくれている。それを見ればど素人の自分でも勇気が出るし、手順も分かり、なんとか修理が出来た。

 

いまや、バイクを整備するのは趣味といえるし、むしろ乗るより楽しんでやっている。

 

そして自分も少しでも恩返しできればと思い、このブログを書くようになった。

 

GSX-Rはそういう意味でも思い入れがあるし、自分の個体はエンジン本体は元気いっぱいなんだけど、見た目は良くないし、あまりに壊れるので、自分以外では乗れないんじゃないか?自分が手放したらもう愛してくれる人はいないんじゃないか?という思いもある。

 

いっそ田舎の実家に置いて、乗らずに一生整備するだけの変態趣味のバイクにすっかな^_^

 

GSX-R GK 71B バッテリーが上がりと充電器

昨年10月に乗って以来、エンジンを掛けていないGSX-R。4カ月放置してしまったが、久しぶりにエンジンを掛けようとすると、案の定バッテリーが弱くてセルは苦しそうに回るものの、エンジンが掛からない。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20200213092810j:image

 

ジャンプスターターもあるにはあるが、もしエンジンが掛かってもこの上がりかけたバッテリーを充電するほど乗らないだろうから、面倒ではあるが、いつも通りまずはバッテリーを外して、家に持ち帰り、充電器での充電からやり直し。

 

この充電器、大自工業PC-200というモノだが、5-6年前にAmazonで3000円くらいで購入して以来使い続けているなかなかの優れモノ。(今は廃盤のようだ)

 

バイクからかなり大きな外車のバッテリーとかも充電でき、一応リフレッシュ機能もある。

車のバッテリーが普通よりかなり大きい物だったので対応する充電器を探していたら、1番安いのがコレだった。いまではバイクの必需品。

 

5-6vになるような、完全に上げてしまうと充電できないのは他とおなじだが、女性の小さなハンドバッグ位のコンパクトさなのに、ケーブル類は本体内部に完全に収納できるし、軽いのにパワーもあり充電後は自動停止もする。

 

値段でたまたま買ったのが、コレだったが、充電器って時々しか使わないので、コンパクトに収納出来るのはありがたいし、充電性能も文句なし。これを選んで良かった。壊れる気配は全く無いが、もし次に買う時は大自工業を選ぼう。