GSX-R GK71B 買ったホーンが不良品で再交換する

先日買ったホーンが不良品。再交換する

 

車検時にホーンがイマイチ鳴らず、色々対策をしてきたGSX-Rだがまだイマイチな状況は継続中。

 

  1. ホーン本体を交換
  2. スイッチユニット交換
  3. ホーンボタンそのものを修理

と対策してきたが、状況改善せず。

 

スイッチの接触不良で、通電自体が怪しい状況だったのでそこを治せば治るはず、と考えて

3.までやった結果、ホーンボタンを押すと、ちゃんとホーン手前まで通電する状況にはなっている。これで鳴らないのだから、最初に戻るが原因は本体しかない。

 

ホーン本体をよく確認すると、先日購入して取り付けたばかりなのに、2個ある端子のうち1つにガタつきがある。端子を固定するリベットが甘いようだ。手で押さえるとちゃんと鳴る。こりゃ不良品だ。

 

購入した2輪館に連絡すると、持ってくれば交換するという。ただし同じ物は在庫切れらしい。最安品だから人気なんだろう。

 

とりあえず店に持っていき、差額を800円くらい払って1ランク上のホーンに交換してもらった。

f:id:toshihiro_suzuki:20190312220517j:image

 

前回はメッキだったが今回は純正のような黒。目立たない位置に付けた。

f:id:toshihiro_suzuki:20190312220659j:image

 

Before

f:id:toshihiro_suzuki:20190312220833j:image

 

After

f:id:toshihiro_suzuki:20190312220917j:image

やっぱりこっちの方がすっきりしてかっこ良い。

 

肝心のホーンは、もちろん正常に鳴るようになった。

 

たかがホーンと思っていたが鳴るようになるまで色々あり案外大変だった。

 

 

 

GSX-R GK71B ホーンボタンの修理

スイッチユニットを分解してホーンボタンを修理

 

ホーンが鳴らず、ホーン本体交換に続いて左のステアリングスイッチユニットを交換したものの、大した改善もない。

 

原因を調べてみる。

 

ホーンを外し、電圧計を繋いだ状態でホーンボタンを押す。普通に押すと0V。

f:id:toshihiro_suzuki:20190312214923j:image 

ところがボタンをグリグリすると、ところどころで電気が流れる。接触不良か。トホホだ。

f:id:toshihiro_suzuki:20190312215044j:image

結局新しく買ったスイッチユニットも、元々付いてたのと同じ箇所が不具合だったのね。やはり滅多に使わないスイッチだからこそ腐食してしまう箇所なんだろう。

 

完動品との事で買ったのだが。。。文句言っても仕方ない。治すしかない。

 

気を取り直して修理再開。

接触不良ならこないだブレーキスイッチの修理をしたばかり。治せる気がする。まずは分解だ。

 

ユニット自体をさらに分解。基盤を外す。

f:id:toshihiro_suzuki:20190312215347j:image 

基盤は配線の裏にネジが1個と、ホーンボタンあたりに爪があって2箇所で止まってる。

基盤を外すと、バネやら部品が飛び出てくるので慎重に。

 

ホーンボタンを治す。

f:id:toshihiro_suzuki:20190312215634j:image

ホーンボタンの構造は単純。

左の丸い端子が、ボタン裏にいて、押すと基盤側の端子に触れるだけ。案の定腐食が進んでおり、磨き直して元どおりに組み付け。

 

これでホーンスイッチは完全に治った。

押すと安定して通電するようになった。

f:id:toshihiro_suzuki:20190312215837j:image

 

が、、まだ今ひとつホーンは鳴らず。。なぜ??

 

 

 

 

 

 

 

GSX-R GK71B ステアリングスイッチ交換

GK71B  左ステアリングスイッチ交換

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190312211321j:image

ホーンの調子が悪く、ホーン本体を交換したものの思ったほど改善せず、ホーンボタンの調子がわるいのだろう、という事でスイッチユニットを交換する。文字も消えかかってるし。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190312211459j:image

裏のネジ2本を外し、2つ割に。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190312211541j:image

チョークワイヤーも外さねば。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190312211617j:image

電気配線は、メーターの裏あたりで接続されているようだ。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190312211729j:image

3本の6角でメーターを外し、

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190312211821j:image

この青コネクタだ。このほかに赤と黄色のギボシがあるので、それも元どおりに接続。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190312212011j:image

チョークワイヤーを戻して

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190312212038j:image

新しいスイッチユニットが付いた!

文字がまだ残っておりキレイ!!

 

だが、肝心のホーンは鳴らず。。。

ホーン修理は続く

 

 

 

 

 

 

 

 

GSX-R GK71B ホーンが鳴らずステアリングスイッチ購入

ホーン交換の次は左ステアリングスイッチ購入

車検時に、ホーンがイマイチ鳴らない事に気がついた。ボタンを押すと鳴ったり鳴らなかったり。鳴る場合も音が小さくて不安定。例えるなら「フ、フニャ〜」という感じの頼りない音がする。

 

そこでホーン本体を交換してみたのだが、、

f:id:toshihiro_suzuki:20190308224756j:image

状況は改善しなかった。

 

音質としては、フニャ〜から、コニャ〜というような若干の変化はあったものの相変わらず鳴ったり鳴らなかったり。なにより音が小さい。

 

それでも陸運局での車検はクリアしているのでそのままでも良いといえば良いのだが、悪化しそうな感じもするので修理することにする。

 

ホーン関係で本体以外と言えば、スイッチが思いつく。確信はないけれども、スイッチの各種表示も消えてしまっているのでダメ元でこの機会に交換することにして、ヤフオクで良さそうなのを落札した、

f:id:toshihiro_suzuki:20190308225640p:image

届いたら交換しよう。

 

 

 

GSX-R GK71B レギュレータ交換

GK71B  市販品レギュレータに交換

走行中に充電が出来ずバッテリー上がりを起こして、路上で不動になったGSX-R。ネット情報を参考に切り分けを実施。ジェネレーターからの3本の黄色の線はそれぞれの線間で交流45Vくらいあり正常。

交流がレギュレータに入り、出てくる赤黒の線、直流が14V程度が正常のところ0Vだった為、レギュレータ故障と判断してレギュレータ交換を実施することにした。

 

前回、購入した市販品のレギュレータを加工して下準備した。

f:id:toshihiro_suzuki:20190304085659j:image

5本タイプのレギュレータを購入。

交流3本入力、直流2本出力のタイプ。

ネクターを外しておく

 

レギュレータ交換は今回で2回目。

バイクを購入した2年くらい前に予防交換している。

 

レギュレータ交換手順

レギュレータは、左のリアウインカーの内側あたりにあります。リア周りのカウル類を外してアクセスします。

 

1.バッテリーケーブルを外す。

電気系なので基本です。

 

2.シートを外す

普通にシートを外したら、タンデムシートを外す。手前の2本のボルト。

f:id:toshihiro_suzuki:20190304085609j:image

 

3.シート下カウルを外す

f:id:toshihiro_suzuki:20190304090102j:image

右は六角と何箇所かクリップ。

左はクリップのみで止まってました。

 

4.リアカウルを外す

これが案外分かりにくい。

 

左が15mmのボルト

f:id:toshihiro_suzuki:20190304090128j:image

 

上からネジ。

f:id:toshihiro_suzuki:20190304090455j:image

 

見逃しがちなのがコレ。フェンダー裏に10mmが3つ。

f:id:toshihiro_suzuki:20190304090729j:image

f:id:toshihiro_suzuki:20190304090811j:image

 

これでリアカウルが外れてレギュレータにアクセスできる。

f:id:toshihiro_suzuki:20190304091318j:image

 

 

5.交換

 

前回は車体側は純正コネクターを活かしたのだが、コネクター自体も古くて不安なので今回は

純正を切り落とし、新しく端子を打ち直す。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190304090933j:image

写真真ん中の右に線が5本刺さってるのが純正コネクター

 

before

f:id:toshihiro_suzuki:20190304091453j:image

 

after

f:id:toshihiro_suzuki:20190304091534j:image

 

最後に本体を交換。配線を繋げて終わり。

配線は、

・赤/黒→赤/黒へ。

・ジェネレーターからの3本の黄色→レギュレータの3本の同じ色の線(今回は白)へ。

 

抜けないようにテープで巻いた。

f:id:toshihiro_suzuki:20190304091636j:image

 

6.確認

レギュレータが正常なら、赤黒の線に直流14V程度が出力されるはず。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190304214325j:image

14.5V。レギュレータ問題なし。

 

念のためバッテリー部分でも。

f:id:toshihiro_suzuki:20190304214416j:image

f:id:toshihiro_suzuki:20190304214445j:image

14.5V。大丈夫。

エンジンオフだと13.2V。こちらも問題なさそう。

f:id:toshihiro_suzuki:20190304214557j:image

 

外したものを元に戻して無事完了。

これでまた走れるようになった。

 

次は車検で怪しかったホーンだなあ。

原因がよく分からずだが、本体変えても治らないという事はスイッチだろうか??

 

 

 

 

 

 

 

GSX-R GK71B 市販品のレギュレータ流用 下準備編

GK71B  市販レギュレータの流用準備

走行中もバッテリーの充電が出来無い状態のGSX-R

レギュレータの故障のようなので交換します。

f:id:toshihiro_suzuki:20190302003943j:image

レギュレータ本体は、今回もアマゾンで購入。コネクター部分の形状がGK71Bはとても特殊で市販品では絶対に合わないので、少しだけ加工します。

 

ネクターのプラスチック部分を外す

f:id:toshihiro_suzuki:20190302004055j:image

こんな感じで、端子の抜け止めを外して行きます。

 

出っ張りを切る。ショート防止

f:id:toshihiro_suzuki:20190302004330j:image

ネクター外れたら、端子の根元の耳を切ります。車体につける時、この耳同士が接触しそうになる為。

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190302004512j:image

ニッパで切ってこんな感じ。

 

これで下準備完了。

 

 

 

 

GSX-R GK71B ミラーを変える、3回目

GK71B  3回目のミラー交換を実施

 

f:id:toshihiro_suzuki:20190226062541j:image

 

ミラーが腐食で曇り、よく見えなくなってきたので交換した。

 

GSX-Rを買って2年。その間に一番交換した部品、それがミラー。今回の交換で4個目だ。

 

1回目は、納車初日、今考えると貴重な純正ミラーを、この写真に写っているフェンスにぶつけて折ってしまい交換。

 

初代純正ミラー。これがGSX-Rが届いた日、初めての写真、この時すでに折れている。純正ミラーやっぱりカッコいいなあ。

f:id:toshihiro_suzuki:20190226202559j:image

 

 

2代目ミラーはこんな形だった。見やすいのだが。。。

f:id:toshihiro_suzuki:20190226202215j:image

この2代目ミラーが形が好みでなかった事と、すこし足が長すぎて、すり抜けでぶつけそうだったので、3つ目に。

 

3代目ミラー。純正に比べるとズングリムックリした形状ながら、似合ってはいると思う。

f:id:toshihiro_suzuki:20190226202832j:image

 

そして、3代目ミラーが腐食で曇ってしまい今回、4代目に交換。

 

駐車時に上を向けていたため、水が溜まりこの様な状態に。。

f:id:toshihiro_suzuki:20190226062801j:image

四角いミラーが良かったが、なかなか売ってなく、少し今風な形状になった。

f:id:toshihiro_suzuki:20190226203556j:image

 

 

今回はハリケーン製。

2800円の安物であるが、いままで買った2個のアマゾン産と比較するとさすがはメーカー品。各部の作りもしっかりしている。

 

GK71Bは、カウルと、その裏にあるカウルステーを共締めでミラーを固定するのだが、ミラー固定用のネジが2本ある2本足タイプである。

 

今回のミラーは1本足の物だが、つける事が出来た。

 

固定用のネジが少し太く、バイク側の穴に入らなかったが、太めのドライバーでグリグリしたら付けることが出来た。

 

取り付け角度がキツイので、本来の設計より若干ミラーの調整幅が少なく、調整にはアームと鏡面の角度のバランスというか、少し工夫が必要かもです。

 

ミラーの形なんて自分以外の人にとっては、心底どーでもいい話なんだろうな^_^